スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

変人スクリーン

少年ジャンプ原作の映画を2本見てきました。
好評だった映画版デスノートのスピンオフ作品「L~change the world」と「ピューと吹く!ジャガー」ですな。
以下、ネタばれしない程度に感想を。


「L」
いつだったかの夜、池袋サンシャイン60通りを歩いてたらこの寒いなか徹夜行列が出来てまして、よくよく見ると並んでるのが全員女性。何事かと思ったらこれの舞台挨拶待ちでした。
そんな方々はともかく、僕はホントはコレあんまり見ようと思ってなかったんですよね。好評だったから続けてみた映画で良いモノができるなんてマレなので。
だのに強制連行されました(^^;
内容は…流石に素晴らしかった前2作に比べると見劣りします。というか、前2作とは毛色が違うといった方が正解かな。否定するほどのことはないですけど。
松山ケンイチの演技と福田麻由子が観たいのなら。

「ジャガー」
こっちはもともと見たかった。要潤けっこう好きなんで。ああ、こっちも女性客多かったね。
内容もまあ満足できました。原作再現度がどうのとかいったら分かりませんけど、きちんと笑わせてもらったし、マンガやアニメだと表現が難しい「空気(嫌な)」「ノリ(妙な)」がよく漂ってました。
ところで元猿岩石の有吉っていつの間にあんなメジャーになったわけ? この前たまたま見た深夜テレビにも出てたし。

スポンサーサイト

2008年02月13日 駄文 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。