FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

翼竜

今日で開催が終わりという役立たずな紹介記事っぽいもの。

コミケの後、お台場来たついでにずっと行きたかった翼竜博行ってきました。
お盆中は科学未来館の開館時間が8時まで延長されていたんですよ。どう考えても俺のためとしか思えない。

連れがグロッキー状態だったけど、知らん。


時間が時間だったからか、心配してた若年層で溢れることもなく、美術館で常設展を見るような快適な回覧が出来ました。
もともとメジャージャンルとは言い難いシロモノだけに、そんなに混むことが無かったのかもしれませんが。

ゲートを通過し、翼竜がどんなものかを解説するブースを抜けると、いきなり目玉のケツァルコアトル全身骨格(レプリカ)が登場。



デ、デカイ。
写真で伝えられないのが残念でならない。
なんせ、頭骨のサイズだけで俺よりデカい。
これが自分の上空を飛んで来たら怖すぎる。
まぁ、捕食はされないだろうけど。

その先にあったケツァルコアトル再現模型の前で馬鹿写真を撮らなかったことが未だに悔やまれる。喰われかけたりとか出来たろうに。


恐竜と比べるとマイナージャンルである翼竜。僕もここに来るまで三種類しか知らなかったのが、いきなり大量に知ることが出来ました。それも生標本で。
近年の恐竜再現図と同じく、翼竜たちは羽毛の生えた姿で再現されていたのが印象的。



恐竜博観賞後は科学未来館で二十年若返ったように楽しみましたが、科学的な解説は疲労し老化した脳では理解しきれませんでした…。

スポンサーサイト

2008年08月31日 駄文 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。