スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ときメモ4リプレイ第1話「春眠」 第2回「末路」

需要を無視してお届けするときメモ4リプレイ…なのか? の第二回です。


※1 当然のごとくネタバレ全開のプレイ済みの方向け内容です。よろしく。
※2 かなり辛辣な表現が随所に出てきます。
   キャラクター批判等を読みたくない方の閲覧はご遠慮下さい。

では以下から。

○月×日
春眠暁を覚えず、そのまま夏になって学から電話が来た。
海に行くから来いと。ああ、恒例のダブルデートか。
…いや待て、俺の知っている女の子は特技さんと都子しかいないが。
後者は攻略対象にはなってないはず。

「ゴドーだ。」

まさかのこのプレイでの二人目登場である。
極めて意外だ。

しかし無人島に行くのは拒否られる。
そもそも俺は運動パラメーターゼロのため死ぬ。


○月×日
サボれない修学旅行inハワイ。
当然野郎共で自由行動を回るものと思っていたら、なんとゴドーが誘いにきた。

吃驚である。
こんなナマケモノの腐ったような輩に声を掛けるなんて。
星野さんと喧嘩でもしたのか。自暴自棄なのか。それとも…天使なのか。

ゴドーさんと海岸に行くと鮫が襲ってきた。
とうとう俺の無能っぷりをさらす時がきたか…と思えば逃走可能。前からそうだったっけか…。


○月×日
とうとう三年生。三年寝太郎まであと一年。
今年は星流れさんでなく語堂さんが一緒のクラスだ。

「へぇ、楽しくなりそうじゃん」

体調パラメーターがMAXである以外何もかもだめな男に何を言っているんだ?
気をしっかり持て語堂さん。俺の容姿はゼロだぞ?

口は悪そうなのに、なんと良いコなんだろうこのメガネは…
…つか、メインヒロインがずっと一緒のクラスと言うわけではないのか。大丈夫か特技さん。


しかし語堂さんとの蜜月もそう長くは続かなかった。
最近顔を見かけないなーと思っていたら、下校時に睨みつけてきて、とうとうどっかん。

「お前、悪い噂流れてるぞ」

正史からの電話。…って都子からじゃないの!?
ひょっとして都子の評価まで下がっていたとか!?

驚きのあまり都子に電話。

「どうしたの?わざわざ電話で」

至って普通の反応がきた。別に評価がどうとかは無いようだ。
しかしこの「デートしようぜ」の選択肢はなんだ…?
ひょっとしていきなりデート可能だったりするのか?
気になるけど、眠いので寝ます。


○月×日
あとは何らのイベントもなく卒業。
見晴のような天使出現はなく、普通にバッドエンドでした。
強いていうなら途中につぐみという名の天使はいたけど、俺が寝てばかりいたから離れていってしまった。
悲しいね。

エンドロール。
メインヒロインのなんとかさんは進路不明。
学期頭以外縁がなかったから教えてもらえなくても仕方ない。

ゴドーは文系専門大学。
進路は教えてもらえたのか、人に聞いたのか、何にせよ幸せそうならいい。

都子は二流大学のはずだが行方不明…って何があった!?

何故か勲章「特技の達人」を取得。

戦略もへったくれもないので適当に特技をとりまくっていたのが功を奏したのか?
この時はよくわからなかった。

実際は、経験を得やすい休養のみをしていたので多数の特技が取得可能だったワケであり、図らずもこの週の特技大量解放がのちのプレイをいろいろ楽にしてくれたのだ。
良い悪いはともかく…
スポンサーサイト

2010年05月24日 ゲーム トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。