スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

るろうに剣心 実写版



映画「るろうに剣心」を見に行ってきました。

同じ監督で出演者も多く被る「龍馬伝」が好印象だったので、もとよりそれほど不安はなかったですが、
充分期待値以上のものを観させてもらったと思います。

シナリオにやや詰め過ぎの感があったのが残念ですが、役者の演技や世界観の描写は文句なし。
特にワイヤーアクションを絡めたハイスピードの殺陣は見もの。
それだけのために金を払っても損は無いと思います。


以下、原作好きによるネタバレ感想。




元々、制作発表時の内容予想から細かい台詞についてまで話を
書こうかとしていたんですが、あまりにも長過ぎる上にまとまらなかったので
キャラメインにざっと書きます。


主演の佐藤健は、「龍馬伝」の岡田以蔵のよさをそのまま明治へと移し
ある種予想していた通り、見事に剣心を演じきってくれました。
(つーかね、あれの以蔵を知ってる人にはどうしても感慨深くなる。ちょっとずるい?)
「この役は佐藤健を待っていた〜」というキャッチは流石に言い過ぎだとは
思うけど、はまり役であるのは確実。
優男でありながら恐ろしく、かわいいのにどこか陰のある寂しい笑顔が出来ています。

そしてそれ以上にアクションシーンの飛天御剣流の表現が見事!
スクリーンが狭いといわんばかりに動き回る剣心は、おそらく実写の映画でなければ観れない。
原作技の龍槌閃やら、原作にはない体術もめまぐるしく披露してくれました。


ヒロインの武井咲も可愛かったですね。
原作初期の薫らしく、剣心への恋慕がまるで隠せてない様子がとてもいい。
ストーリー的に日があまり当たらないのが不憫ですが。
「あの男は薫殿よりはるかに強い」相手が刃衛になったのは良変更だと思います。
五兵衛以下で十本刀に勝っちゃうのはちょっと…と原作当時思ったので。


左之助はストーリー展開上必要なのかな、と思っていたのですが
展開上要らなかろうが左之助は必要だということを思い知らされました。何度笑わせられたか。
そうだよなぁ、赤報隊に触れなければただのいいあんちゃんなだけだもんなコイツ。いい意味で。
演者の青木崇高は龍馬伝で後藤象二郎をやっていたはずなのですが、
あまりにもイメージが違いすぎて劇中はまるで思い出せませんでした。役者ってスゴい。


登場シーンの量の割に存在感を放っていた斎藤一。
パンフを読むと「陰の主役だから(中略)スクリーンを制圧するようなスターでなければならない」と
あって、まさにそれだけの存在感を江口洋介は放っていました。
正直、キャスティング発表時に江口洋介は違うんじゃないか?とも思っていたのですが、
作中で剣心を上回る実力者であることを納得させる重量感は彼でなければ出せなかったでしょう。
役者にキャラが引っ張られているともいえます。


そう、役者にキャラが引っ張られている最たる例といえば、武田観柳その人でしょう!
というかお前存在感あり過ぎだろう!w
香川照之ご本人もかなり楽しんで演技されているように見えました。
ある種メディア展開の困った点で、作者以外の誰もキャラに影響を与えられない小説やマンガと違って、
映画や劇、ドラマ、アニメなどでは、キャラの演技者が客との間に仲介してしまうため
元々のイメージを演技者が塗り替えてしまうことが間々あります。
観柳もそう。原作において観柳はただの嫌な悪役だったのが、香川照之の演技のおかげで
もはや愛すべき悪役にキャラランクがアップしてしまっています。
てか、「脱げ!」はアドリブだったのかよ!
コイツもう殺しちゃダメだろう。連行されていく彼を見てそう思ったのは僕だけではないはず。


刃衛役の吉川晃司もうまくはまっていたと思います。
特に序盤での不気味さは見事。心の一方はともすれば世界観から浮いた要素になりかねなかったのが
「コイツならやりかねない」と思うに十分でした。

刃衛に関して、というか作品全体を通じていえる不満なんですが、
最終盤での刃衛戦への流れはもうちょっとどうにかならなかったのかなぁと。
いくらなんでも薫をさらうのが唐突。
細々とした不満はあっても、ほかの出来の良さにだいたいのことは流せてしまったのですが
ここだけは最終盤とだけあってちょっと看過しがたい。
外印戦を裏から見ていた刃衛が「こんなの抜刀斎ではない…!」とか思って行動に入る…
とかならまだしも、それらしい伏線って恵への「協力しろ」だけだもんなぁ。
序盤から丁寧に「刃衛の狂気、強さ」「刃衛の抜刀斎への執着」を描いていただけに残念でした。


それ以外はまぁ、上にも書きましたがあっても流せる程度の不満です。
原作ファンでも、また龍馬伝ファンでも、両方全然知らなくても、
十二分に楽しめる作品になっていたことは確かです。

売れているようなので、将来的には続編の話も出てくるのかな…?
だとすると今度は志々雄? でも2時間枠に収めるとか絶対無理だぞ?
そういえば、この文章も短くしようと思ったつもりがまたこんな長文になってるじゃん…。


余談
恵さんの過去語りのとき、運河を背にして語っているのがドキドキだったのは僕だけか。
小船通るし…。
スポンサーサイト

2012年09月07日 駄文 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。